【LINEの追撃は恋愛においてNG!!】嫌われて後悔する前に…

好きな人ができた時、相手からのLINEの返事が早く来ないかとやきもきした経験って一度くらいはありますよね?

しかし、恋愛においてLINEの追撃をしてしまうのは実は好ましくないのです。

相手から嫌われてしまって後悔する前にLINE追撃のデメリットをまとめました。

LINEが返って来ない時に考えられる3つの理由

仲良くなるコミュニケーションツールとして活用されているLINEですが、返事がなかなか来なかったり既読無視されてしまったとしたら、あなたはどうしていますか?

LINEを使って恋愛のアプローチを行うのも、現代では珍しくはありません。

なかなか好きな人からの返事がないと、早く返事が欲しいと思ってさらにLINEを送ったりしていませんか?

恋愛においては、LINEの追撃はあまり好ましくないといわれています。

LINE追撃してはいけない理由を知るために、まずはLINEの返事がなかなか来ないときに考えられる3つの理由について考えていきましょう。

仕事などで忙しく後回しにしている

片思いの相手から返事がなかなかない時、考えられるのが仕事やプライベートなどで体が空いておらず、忙しくしている場合です。

スマートフォンを開いて連絡を取るほど、時間に余裕がないのです。

意外と忙しくて返事が返せないという人は、男女ともに多いのでなかなか返事が来なくてもそれほど気に病むことではありません。

特に恋している相手が同じ職場だった場合、こっそりと様子を見てみるのも良いでしょう。

そして仕事で忙しい場合、LINEの追撃をしても気づいてもらえないことがほとんどです。

会話が終了したと思っている

男性に多いのが会話が終了したと思っている場合です。

既読のまま返事が来なかったら、相手は会話はすでに終わったのだと思っているのです。

世間話のようなやり取りや、スタンプだけの会話だと相手は返事を返す必要がないと思っているかもしれません。

適当な返事をしたくない

LINEの既読無視が続いていても、相手は悪意を持っていないことだってあるのです。

返事が来ない理由の一つは、適当な返事をしたくないので落ち着いてから返事をしようと思っていることです。

既読が付いて、時間が空いても後から必ず返事が来るなら脈ありだと考えて良いですし、少なくとも適当に返事していい相手だとは思っていません。

返事が欲しい感情をぐっとこらえて待つのも大事ですね。

未読無視をする男性心理についてはこちらを参考にして下さい。

LINEブロックされてないのに未読無視?未読無視を続ける男性心理について解説

追撃LINEを送ってはいけない4つの理由

LINEの返事が来ない理由は人それぞれありますが、恋愛においてあまり追撃でLINEを送るのは好ましい行為ではないのです。

なぜ、追撃LINEを送ってはけいない理由についても是非読んでみてください。

悪い印象を抱かれてしまう

まず第一に相手の返事を待たず、追撃LINEを送ってしまうと相手に悪い印象を与える危険性があります。

こちらは返事をする余裕すらないのに、あなたから続いて何通もLINEのメッセージが来ていたら「またLINE来てる、少し待ってくれる気はないのかな」と悪いイメージを抱くのです。

相手からすると返事を催促しているように感じますし、自分の都合を考えてくれない身勝手な人だと思ってしまうのです。

好きな人に送ったメッセージで、悪い印象を与えてしまうのは嫌ですよね。

重たい女性だと思われる

何通も何通も追撃LINEが来ていると、相手の男性は「束縛してくる女性だ」と感じてしまいます。

付き合った時、「束縛が強そうだな、重い女性は避けたいな」とまで考えてしまうので恋愛対象ではなくなっていくのです。

男性も女性とのやり取りで付き合ってからのことを考えるので、忙しい時に何通もLINEが来ていると「めんどくさい」「重たい女性だ」と感じてしまうでしょう。

恋愛において逆効果になってしまうのです。

LINEを読む気が失せてしまう

もしもあなたがスマートフォンを開いたときに、何十通とLINEの通知が来ていたらどう感じますか?

数が多いほど読むのが面倒に感じますよね。

追撃LINEが好ましくない理由は、送られてきたLINEを読む気力が失せてしまうことです。

未読の部分から最新のLINEメッセージまで読まなければならないのはとても面倒です。

例え短いメッセージでもたくさんLINE追撃されていては、全ての内容を読む気にもなれません。

大事な内容をスルーされてしまう

追撃LINEをすることで、本来伝えるべき大事な内容のメッセージをスルーされてしまうかもしれません。

相手にとってはたくさん送られてきたメッセージの1つなので、どれが重要なんてわかりませんよね?

相手のことを恋愛的に好きだと思っているなら、彼に伝えたい内容を守るためにも追撃LINEはするべきではないのです。

LINEスルーする男性心理と対処法はこちらをチェック!!

【好きなのにLINE未読無視】LINEスルーする男性心理と対処法を解説

既読無視されたときの送ってもいいLINEの内容

追撃LINEは送らない方が良いとわかっていても、いつまでも既読無視のままだったらつまらないですし不安ですよね。

既読無視をされても、返事を待たずに送っても大丈夫なLINEの内容をご紹介します。

必要事項や仕事の連絡

追撃LINEをしても、嫌われる心配がない内容は、必要事項や仕事の連絡です。

スケジュールの確認だったり、仕事で大切な連絡をする場合は、用事があるので送っても問題はありません。

大切な用事を送ったのちに、軽く「そういえば〇〇どうなった?」のように実は返事を待っていたんだよと分かるような内容を伝えましょう。

コミュニケーションツールとしてLINEを使わないような男性に対しては、しっかりと返事が欲しかったことを伝えてあげないと理解出来ません。

あくまでも「ついでに送った」という体で、伝えてみてください。

体調の心配や安否の確認

追撃LINEでは、相手のことを心配している内容が好ましいです。

もっとも良くないのは感情的になり「どうして返してくれないの!」と怒ることです。

相手からすると「自分のことしか考えていない人だ!!」と感じてしまうので、彼に嫌われる原因になります。

その一方で「この前から返事がないけど、体調悪いの?」など相手のことを心配するような内容で送ってあげると「心配かけてしまった」「不安にさせていたのだ」と自覚してくれますし「自分のことを思ってくれている人だ!!」とプラスの感情を抱いてくれる可能性もあります。

返事が返ってきて、かつ好感度が上がるので一石二鳥ですね。

続けてLINEを送るときはどのくらい期間を開けるべき?

好きな人からLINEが返って来なかったら、どのくらい期間を開けてLINEを送った方が良いのでしょうか?

答えはLINEを続けて送るなら少なくとも最後に送ったLINEから最低でも24時間は空けてください。

相手に重たいと思われないためにも1日以上は空けるべきですし、まだそれほど親しい中ではないのならば、2、3日くらい待っても良いでしょう。

3日待っても返事が来なかったら、上記で紹介した内容のLINEを送ってみてください。

相手にとって負担にならないようにLINEを送るように心がけましょう

LINEの追撃は、自己満足になってしまう危険があります。

彼への返事の催促は内容により「相手の都合を考えない身勝手な行為」として捉えられるかもしれません。

好きな人から嫌われてしまって後悔したくありませんよね?

後悔してしまう前に、まずは落ち着いて返事が来ない理由を考えつつ、相手が負担にならないLINEを送るように心がけるのが大事ですよ。

もしもあなたが好きな相手から返事が来なくて悩んでいたり、どんな内容でメッセージを送るべきかわからない状態ならば電話占いをしてみてはいかがでしょうか?

電話占いなら、あなたが今やるべきことや、彼にメッセージを送るタイミングや彼の気持ちなど、あなたが知りたい情報を占い師に教えてもらえます。

電話占いで無料相談する